水の都の赤い薔薇

艦これ・観光・ポケモンについて熱く語ります。

レパルダス+メガゲンガー

先日行われた第23回がにゅーオフ(バトルロードグロリア)に参加してきました。
結果は予選落ちと振るわず残念です。

以前の記事で宣言した通り、反省の意味を込めてレポートを書くことにします。


.

ポケモン わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 もちもの とくせい
レパルダス イカサマ うそなき アンコール まもる ぼうじんゴーグル いたずらごころ
ゲンガー シャドーボール ヘドロばくだん かなしばり まもる ゲンガナイト ふゆう→かげふみ
オンバーン りゅうせいぐん かえんほうしゃ おいかぜ まもる きあいのタスキ おみとおし
ズルズキン りゅうのまい かみくだく ドレインパンチ みきり ラムのみ いかく
マリルリ たきのぼり アクアジェット じゃれつく まもる いのちのたま ちからもち
カバルドン じしん いわなだれ こおりのキバ まもる たつじんのおび すなおこし

.
今回のレパルダスメガゲンガーはアンコ金縛りで相手の自由を奪い、
その隙にこちらの盤面を有利にしようという型です。あわよくば龍の舞を積んで制圧を狙います。
初動が遅めの相手(中速中心、滅び、害悪、トリル)には割と狙い通りの展開にできました。

以下、反省です。
.

■反省点

  • 上を取られると厳しい

初動が速い相手にはかなりの苦戦を強いられます。
具体的にはサーナイトガブリアスボーマンダなどのスカーフ。そしてファイアローです。
スカーフはオンバーンで判別できるものの、ファイアローはどうしようもありません。
厳しいと分かっていながら汎用性のある対策を用意できず、実力不足を感じました。
最低でもバンギラスや電気タイプを組み込むべきでした。

もうひとつ初動の速いものとして雨パがあり、これもやや対策が薄かったように思います。
対雨をマリルリに押し付け気味で、マリルリ自身も耐久を割いた型のため安定感を欠きます。
雨を任せても技の被弾も多いですし、耐久に振らないのはよろしくなかったです。
.

  • ゴリ押しに弱い

あとは相手2体が単純に攻撃してくるパターンも厳しかったです。
相手の片方の攻撃はアンコ金縛りできますが、もう片方には自由を与えてしまいます。
その隙に影踏みで妨害しているメガゲンガーを倒されるという流れです。
このように相手が補助よりの行動を取らない場合、展開が一気に難しくなります。
.

  • まとめ

つまり、アンコ金縛り型というのは相手の行動に依存してしまう所があります。
「○○してくれないと負ける」という局面が多いのも依存を表しています。
有利不利が非常に激しかったのはそれが一因かもしれません。
その欠点を覆すくらいの裏選出を構築できなかった自分の弱さも要因ですね。
100戦以上使っておきながら打開策を閃かないのは拙かったです。
他にもパーティバランス上、メガフシギバナに詰まされるという欠陥もありました。

アンコ金縛りに固執せず、滅びパの形を取ったりもっと勇気を持ってチャレンジする必要があると感じました。
レパルダスゲンガーは選択肢が多いのが強みであり、
相手を悩ませる要素でありながら自分自身は狭い選択肢の中にいました。
今回の反省を活かして、視野の広い考えを持った上で今後に臨みたいと思います。

最後に、オフを開催してくださったスタッフの方々、関わって下さった参加者の方、ありがとうございました!
予選抜けられなくてガッカリしても、楽しい時間を過ごせたことはとても幸せでした。
予選落ちした時のオフレポはこんな感じですが、これからもよろしくお願いします。